自分のニキビの原因を知ることが早期治療の第一歩

ニキビは皮膚の病気で、その原因は一つではありません。思春期にはホルモンバランスの乱れが主な原因ですが、大人になるとストレスでできる人もいれば、脂っこい食べ物を食べすぎてできる人もいます。人それぞれ肌質は異なります。ニキビができやすい人もいれば、できにくい人もします。

 

ニキビの原因の代表例

ホルモンバランスの乱れ、ストレス、不規則な生活、遺伝、便秘、食事、ダニ、活性酸素、間違ったスキンケア

 

だからこのカテゴリーではニキビの原因を一つ一つ紹介していきます。もしかしたら2つないし3つの要素が複合的に重なり合っているかもしれません。例えそうだとしても、その原因を一つずつ潰していけばニキビを治すことができるし、予防にもなります。

 

自分のニキビの原因を知ることが早期治療の第一歩です。

 

ニキビの原因一覧

毛穴に詰まった皮脂や汚れにアクネ菌が繁殖し、アクネ菌が皮膚の炎症を引き起こすことでニキビができます。ニキビができるメカニズムを理解すれば、ニキビケアも納得して行うことができます。

ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌が盛んになるためニキビができやすくなります。男性の場合はアンドロゲン、女性の場合はエストロゲンの分泌が盛んになります。また食事も性ホルモンと深い関りがあります。

活性酸素はニキビを治す遺伝子を傷つけることがあります。激しい運動や嗜好品によって活性酸素が生成されます。水素水やサプリメントを効果的に摂取することで活性酸素の生成を抑えることができます。

ストレスはニキビの原因の一つになりますが、その元凶はコルチゾールというホルモンです。しかしストレスは完全に悪いものではなく、ある程度は人間に必要な物なので、上手に付き合って生きることが大事です。

便秘になると調に立った便から毒素が体内に入り込み、その一部がニキビとなって噴出します。腸内環境を改善すれば、肌も綺麗になりニキビができにくくなります。

タバコに含まれるニコチンは毛細血管を細くするので、肌への栄養供給が少なくなり、肌が荒れて乾燥しやすくなりニキビができます。だから保湿を徹底し、皮脂汚れを毎日綺麗にすることでニキビを治すことができます。

タバコは肌荒れやニキビの原因となります。しかし禁煙してニキビができることもあります。それは好転反応であったり、タバコをやめたことによるストレスが原因だったりします。そんな禁煙ニキビの対処方法をご紹介します。

ニキビダニは「毛包虫」や「顔ダニ」とも呼ばれていますが、ほとんどの健常者でも保有しています。因果関係は明確ではありませんが、ニキビダニを減らすことで炎症が80%以上治まったという事例もあります。

ニキビはりょしんからの遺伝が原因であることが多いです。しかし食事や日常生活でニキビができにくい体質にすることは可能です。特に紫外線予防や清潔さ、低GI食品を摂取することでニキビが減少したという報告もあります。

寝不足になると成長ホルモンの分泌が不足してニキビが治りにくくなります。また、ストレスによってニキビができやすくなります。ニキビケアに最適な睡眠時間を確保し、睡眠の質を向上させることが大事です。