ストレスでニキビが増える!?ニキビに悩まされるのはストレスが原因だった

私たちは日々、ストレスを感じながら生きています。家に引きこもって一歩も外に出ないという対策を取らない限り、ストレスを回避することは難しいと言えるでしょう。私たちは、それほどストレスに囲まれた社会に暮らしているのです。

 

ストレスは多くの研究によってニキビと深く関係していることがわかっています。まだ因果関係は明らかになっていませんが、ニキビができやすい人を調べるとストレス値を示すコルチゾールというホルモンのレベルが高いことがわかっているのです。このコルチゾールこそが、ニキビの元凶であると言われています。

 

ストレスは悪なのか?

しかしストレスを悪者だと決めつけるのは、早合点であると言えます。適度なストレスは、むしろ体の機能を維持するために役立っています。ストレスを感じるからこそ、私たち人間は生存に必要な行動を起こせるのです。だからといって、ストレスをあまりに強く感じすぎると、イライラして勉強や仕事がはかどらない、といった悪影響がもたらされてしまいます。つまり、ストレスを減らしすぎてもだらけてしまうし、ストレスを感じすぎても心身にとって良くないといった結果になるのです。

 

ストレスの最大の原因は「人間関係」にある

では、ストレスを感じる環境とはどのようなものでしょうか。人が一番ストレスを感じる原因は、ズバリ人間関係にあるとされています。人と関わる環境にいれば、良くも悪くもストレスを受けるのです。

 

学校や職場などに所属していれば、一緒に過ごす人を選ぶことができないため、少なからず我慢を強いられる場面も出てくるはずです。学校を辞めたり、職場を変わらない限り、ずっと同じ人と一緒に時間を過ごさなければなりません。社会から隠遁して生活しない限りは人間との関わりは避けられないため、ストレスと上手に付き合っていくことが求められます。ストレスを上手く軽減したことによって、慢性的に悩まされていたニキビがすっかり消えてしまったという人も多くいます。

 

ストレスを軽減する方法を身につけることの重要性

現代はストレス社会とも呼ばれており、ストレスに満ち溢れた世の中になっています。こうした世の中を生き抜くためには、ストレスにうまく対処することが重要です。

 

ストレスへの対処法として有名な方法はいくつもありますが、世界的に流行している方法は「瞑想・ヨガ」です。場所を問わずいつでもどこでも実践できるため、こういった呼吸をコントロールすることによってリラックスする方法が人気となっています。また、ストレス解消法として昔からスポーツなどの運動も取り入れられています。もちろん激しい運動でなくても、軽い散歩でも十分リフレッシュになるでしょう。好きな音楽を聞くことでリラックス効果を得る人も大勢います。

 

ただし、甘いモノやジャンクフードなどの食べ物でストレス解消しようとする人は要注意です。こういった甘いモノやスナック菓子には、体に良くない脂質や添加物が含まれているため、ニキビに影響を与える飲食物となる恐れがあります。できれば食べ物以外で、ストレス発散をする方法を身につけたほうが良いと言えるでしょう。

ストレスはニキビの原因!?上手に付きえば大丈夫!関連ページ

ニキビができるメカニズム
毛穴に詰まった皮脂や汚れにアクネ菌が繁殖し、アクネ菌が皮膚の炎症を引き起こすことでニキビができます。ニキビができるメカニズムを理解すれば、ニキビケアも納得して行うことができます。
ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌が盛んになるためニキビができやすくなります。男性の場合はアンドロゲン、女性の場合はエストロゲンの分泌が盛んになります。また食事も性ホルモンと深い関りがあります。
活性酸素
活性酸素はニキビを治す遺伝子を傷つけることがあります。激しい運動や嗜好品によって活性酸素が生成されます。水素水やサプリメントを効果的に摂取することで活性酸素の生成を抑えることができます。
便秘
便秘になると調に立った便から毒素が体内に入り込み、その一部がニキビとなって噴出します。腸内環境を改善すれば、肌も綺麗になりニキビができにくくなります。
タバコ
タバコに含まれるニコチンは毛細血管を細くするので、肌への栄養供給が少なくなり、肌が荒れて乾燥しやすくなりニキビができます。だから保湿を徹底し、皮脂汚れを毎日綺麗にすることでニキビを治すことができます。
禁煙
タバコは肌荒れやニキビの原因となります。しかし禁煙してニキビができることもあります。それは好転反応であったり、タバコをやめたことによるストレスが原因だったりします。そんな禁煙ニキビの対処方法をご紹介します。
ダニ
ニキビダニは「毛包虫」や「顔ダニ」とも呼ばれていますが、ほとんどの健常者でも保有しています。因果関係は明確ではありませんが、ニキビダニを減らすことで炎症が80%以上治まったという事例もあります。
遺伝
ニキビはりょしんからの遺伝が原因であることが多いです。しかし食事や日常生活でニキビができにくい体質にすることは可能です。特に紫外線予防や清潔さ、低GI食品を摂取することでニキビが減少したという報告もあります。
寝不足
寝不足になると成長ホルモンの分泌が不足してニキビが治りにくくなります。また、ストレスによってニキビができやすくなります。ニキビケアに最適な睡眠時間を確保し、睡眠の質を向上させることが大事です。