ニキビの原因はホルモン?ホルモンバランスが大事な理由

ニキビができる原因はホルモンバランスが崩れるからである、とよく言われます。なぜ体内のホルモンが、皮膚の表面にできるニキビと関係があるのでしょうか。この疑問を解き明かすには、そもそもニキビができるメカニズムについて知っておく必要があります。

 

男性のニキビと性ホルモンの関係

男性の場合、性ホルモンであるアンドロゲンが、顔や頭皮といった場所にある皮脂腺からの皮脂分泌を促しています。特に思春期になると、体内でのアンドロゲン生成が活発になるため、皮脂の分泌が非常に多くなります。その結果、皮脂が毛穴につまり菌が繁殖してニキビができやすくなるのです。特にニキビが多くなる場所は、額(おでこ)です。これらの場所には皮脂腺が多く分布しており、皮脂が分泌されやすくなっているからです。

 

また、外部刺激によってもアンドロゲンの生成量は増減します。性的刺激を受けたり、映画やドラマなどで魅力的な異性を見たりすれば、血液中のアンドロゲンのレベルが上昇します。他にも筋肉を使うトレーニングをすると、これに応じてアンドロゲンが分泌されやすくなります。

 

女性のニキビと性ホルモンの関係

一方女性の場合は、ニキビのできるタイミングに一定の周期が見られます。場所も、頬骨より下からの上まで場所に多くのニキビができるのです。このようなニキビは、性ホルモンであるエストロゲンと関係しています。

 

女性の場合、月経とエストロゲンの分泌は密接な関連しているため、特に排卵日の少し前になるとエストロゲンの働きが活発になり、この影響でニキビの発生が増えるのです。こうしてできたニキビは触れると痛みを感じ、無理にできたニキビを潰そうとするとクレーターのような跡ができるという特徴があります。

 

コレステロールを含む食事と性ホルモン

また、男女ともに受けやすいのが食事の影響です。これは性ホルモンの原料がコレステロールであり、コレステロールを大量に含む卵などを摂取すると、ホルモンが生成されやすくなることに由来します。

 

ホルモンの影響が気になる場合は血液検査を受けよう

ホルモンの影響でニキビができているのかを調べるために、血液検査によってホルモン濃度のチェックすることができます。皮膚科などのクリニックに行けば、血液検査を簡単に行うことができます。過剰に分泌されたホルモンを抑える薬を処方してもらえるケースもあるので、一度試してみると良いでしょう。

ホルモンバランスが乱れるとニキビができる理由関連ページ

ニキビができるメカニズム
毛穴に詰まった皮脂や汚れにアクネ菌が繁殖し、アクネ菌が皮膚の炎症を引き起こすことでニキビができます。ニキビができるメカニズムを理解すれば、ニキビケアも納得して行うことができます。
活性酸素
活性酸素はニキビを治す遺伝子を傷つけることがあります。激しい運動や嗜好品によって活性酸素が生成されます。水素水やサプリメントを効果的に摂取することで活性酸素の生成を抑えることができます。
ストレス
ストレスはニキビの原因の一つになりますが、その元凶はコルチゾールというホルモンです。しかしストレスは完全に悪いものではなく、ある程度は人間に必要な物なので、上手に付き合って生きることが大事です。
便秘
便秘になると調に立った便から毒素が体内に入り込み、その一部がニキビとなって噴出します。腸内環境を改善すれば、肌も綺麗になりニキビができにくくなります。
タバコ
タバコに含まれるニコチンは毛細血管を細くするので、肌への栄養供給が少なくなり、肌が荒れて乾燥しやすくなりニキビができます。だから保湿を徹底し、皮脂汚れを毎日綺麗にすることでニキビを治すことができます。
禁煙
タバコは肌荒れやニキビの原因となります。しかし禁煙してニキビができることもあります。それは好転反応であったり、タバコをやめたことによるストレスが原因だったりします。そんな禁煙ニキビの対処方法をご紹介します。
ダニ
ニキビダニは「毛包虫」や「顔ダニ」とも呼ばれていますが、ほとんどの健常者でも保有しています。因果関係は明確ではありませんが、ニキビダニを減らすことで炎症が80%以上治まったという事例もあります。
遺伝
ニキビはりょしんからの遺伝が原因であることが多いです。しかし食事や日常生活でニキビができにくい体質にすることは可能です。特に紫外線予防や清潔さ、低GI食品を摂取することでニキビが減少したという報告もあります。
寝不足
寝不足になると成長ホルモンの分泌が不足してニキビが治りにくくなります。また、ストレスによってニキビができやすくなります。ニキビケアに最適な睡眠時間を確保し、睡眠の質を向上させることが大事です。