女性ならではのニキビの原因を理解して、適切にニキビの治し方を実践しよう

女性は一般的に男性よりも肌のキメが細かく美しいですが、ニキビのできやすさで言うと女性のほうが気を付けなければいけない時期が多いです。

 

例えば思春期の時はホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが多く分泌されます。そうすると一気に毛穴から出る皮脂の量が増えてニキビができやすくなります。女子中学生から女子高生にかけてニキビが顔全体に出来てしまう娘が多いのはこのせいです。

 

また大人の女性では妊娠中に特有のホルモンが分泌されて体温が上昇することで、皮脂の分泌が活発になります。化粧が毛穴に詰まったり、間違ったスキンケアを続けて肌に負担を与えすぎてニキビができることもあります。

 

だから女性ならではのニキビの原因を理解して、適切にニキビの治し方を実践することが大事です。以下の記事で個別の具体例とともに対策をまとめましたので、あなたのニキビに関係が深そうな記事を一つずつご覧ください。

女性向けニキビの治し方記事一覧

妊娠中にできるニキビの治し方をまとめています。妊娠中はホルモンバランスが乱れて肌荒れしやすく、頬やあご、鼻や口周りにニキビができやすくなります。胎児への影響が出ない範囲で丁寧なニキビケアが必要です。

大事な用事の前に限ってニキビなどの肌トラブルができやすいものです。ニキビパッチや絆創膏などは炎症や傷の治癒を早めることで即効性のある治し方としておすすめできます。

生理とニキビの関係についてのニュースがありました。女性ならではの問題。しっかりと理解しておきましょう。

女性と化粧は切り離せません。日中の化粧直しも日常茶飯事。しかし女性の6割が化粧直しをしない理由が、ニキビなどのお肌のトラブルなんです。

ニキビ肌をファンデーションで隠しながらニキビを治す方法をまとめています。急ぎの対応をしながらニキビケアをする秘訣なのでぜひ参考にしてください。

サンローランのコンシーラーで大人ニキビをカバー。人と接する機会が増える冬もこれで安心です。

大人ニキビと化粧品の上手な付き合い方を紹介しています。女性なら毎日しているメイクは肌に負担をかけるものです。そんな中でもニキビケアを忘れないことが大事です。

女性は生理や妊娠の前後で女性ホルモンの量が変化したり、食事やストレスでニキビができやすくなります。ただ大人になってからできる女性のニキビは皮膚科で処方される薬を使い治療を受ければ治すことができます。

低用量ピルは男性ホルモンが高まるのを抑えることでニキビができるのを防ぎ、女性らしい肌を保ちます。しかし副作用もあるので医師の処方箋が必要です。