若いころだけではなく歳をとっても生じてしまう女のニキビ

10代の女性だけでなく、20代〜50代にかけてもニキビで悩む女性がいることがわかっています。ただ幸運なことに、現代の医学の進歩のおがけで適切な治療さえ行えばニキビを治すことができます。親の世代では手に入らなかった知識や薬を適切に用いれば、ニキビを改善・予防することができるのです。

 

女性のニキビの主な原因とは?

大人の女のニキビは男と少し違い、ある時期になると決まってニキビができるというパターンが見られることが多くなっています。これは性ホルモンがニキビに影響しているからです。特に生理前になると、代表的な女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少するため、体内の男性ホルモンが優位になります。その結果として皮脂腺が刺激され、皮脂が過剰になりニキビが生成されるのです。

 

生理的な変化以外に、食事やストレスもニキビの原因となります。ニキビができる時には複数の原因が考えられるため、根本的な治療を望むのであれば全ての原因に対処する必要があると言えるでしょう。

 

最もニキビに効果があるとされているのは医師の処方クリーム

外見に敏感な10代の人にとって、ニキビができることはかなり深刻な問題です。どうしても早く治したいという場合は、皮膚科クリニックに行って処方薬をもらうのが一番です。最近は「過酸化ベンゾイル」や「サリチル酸」を含むクリームをニキビに塗って治す方法が主流となっています。医学的にも効果が認められた成分なので、即効性が期待できます。過酸化ベンゾイルは数年前に認可されたばかりの成分ですが、効果はサリチル酸よりも強いとされています。

 

また、ホルモン異常の疑いがある場合は、クリニックでホルモン検査を受けることができます。お金と時間がかかりますが、原因を特定したい時には有用と言えるでしょう。

 

保湿重視のスキンケアとスローカーボダイエット

医師が処方するクリームは一時的な対症療法といえます。ニキビができる原因を断ち切るためには、規則正しい生活を送るとともに、スキンケアや食事にも意識を払うべきでしょう。

 

女性の肌は歳をとると水分が少なくなり、乾燥しやすくなる傾向があります。乾燥肌はニキビの大敵であるため、化粧水で肌の保湿をしっかりと行うことが大切です。

 

また食事に関しては、スローカーボダイエットがオススメです。これは炭水化物を週1回の摂取に制限するダイエット方法で炭水化物抜きダイエットに近いやり方と言えます。炭水化物を完全に抜いてしまうと不調になる人もいるため、週一回は炭水化物を摂っても良い日を設けるのです。炭水化物の糖質がインシュリン分泌を促し、ニキビの原因になっている可能性があるため、炭水化物は出来る限り避けるのが賢明と言えます。

大人になってもニキビができる女にオススメの治し方関連ページ

妊娠中にできるニキビの治し方
妊娠中にできるニキビの治し方をまとめています。妊娠中はホルモンバランスが乱れて肌荒れしやすく、頬やあご、鼻や口周りにニキビができやすくなります。胎児への影響が出ない範囲で丁寧なニキビケアが必要です。
デート前の即効ケア
大事な用事の前に限ってニキビなどの肌トラブルができやすいものです。ニキビパッチや絆創膏などは炎症や傷の治癒を早めることで即効性のある治し方としておすすめできます。
生理とニキビの関係
生理とニキビの関係についてのニュースがありました。女性ならではの問題。しっかりと理解しておきましょう。
女性の6割が化粧直しをしない理由はニキビ
女性と化粧は切り離せません。日中の化粧直しも日常茶飯事。しかし女性の6割が化粧直しをしない理由が、ニキビなどのお肌のトラブルなんです。
ニキビ肌をファンデーションで隠しながらニキビを治す方法
ニキビ肌をファンデーションで隠しながらニキビを治す方法をまとめています。急ぎの対応をしながらニキビケアをする秘訣なのでぜひ参考にしてください。
大人気コンシーラーで大人ニキビ対策
サンローランのコンシーラーで大人ニキビをカバー。人と接する機会が増える冬もこれで安心です。
大人ニキビと化粧品の上手な付き合い方
大人ニキビと化粧品の上手な付き合い方を紹介しています。女性なら毎日しているメイクは肌に負担をかけるものです。そんな中でもニキビケアを忘れないことが大事です。