生理とニキビの関係

生理前になるとニキビができやすくなることはありませんか?

 

それは気のせいではありません。
実は女性の生理とニキビにははっきりとした因果関係があるのです。
このことに関して興味深い記事がありました。

 

ニキビができはじめるのはちょうど思春期の頃からです。
この時、身体の中では子どもから大人になるためのたくさんの変化が起こっています。その代表ともいえるのが生理です。

 

この頃の女性の身体の中では、生理が始まるための準備として卵巣や子宮などの女性器を成長させるために、色々なホルモンの分泌が始まります。
ある程度ホルモンが分泌されるようになると生理が始まりますが、生理周期にはバラつきがあります。
生理が始まってから数年はまだホルモン分泌が安定していないためですが、実は10代のニキビには、このいろいろなホルモンの働きが関係しているのです。

 

思春期ニキビと関連のあるホルモンは「アンドロゲン」とよばれるホルモンです。
思春期を迎えて、ある程度身体が成長すると、男性は精巣から、女性は卵巣からアンドロゲンが分泌されます。
女性の場合、アンドロゲンは卵胞の卵胞上皮細胞で女性ホルモンの1つである卵胞ホルモン(エストロゲン)に変換されます。
アンドロゲンには、体毛を増やす、筋肉を増やす、性欲を亢進させる、などの働きがありますが、皮脂の分泌を促すという働きもあります。
そのため、アンドロゲンの分泌がさかんになる思春期には、皮脂の分泌が増えて毛穴が詰まり、ニキビが出来やすくなるのです。
一方、エストロゲンは皮脂の分泌をおさえて肌のきめを整える働きがありますが、もう1つの女性ホルモン、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、アンドロゲンと同様に皮脂の分泌を促す働きがあります。

 

一般に女性は、性成熟期(20歳前後から45歳前後まで)にはニキビができにくいのですが、生理前になるとお肌が荒れたり、大人ニキビができることもあります。
これは、エストロゲンの働きをプロゲステロンの働きが上回るためと考えられます。
思春期には、アンドロゲン、エストロゲン、プロゲステロンの3つのホルモンのバランスがまだ整っておらず、皮脂の分泌が増えてしまいます。
さらに皮脂の分泌に身体(特に皮膚や毛穴)の成長が追い付かず、毛穴からの皮脂の排出が上手くいきません。
これらの原因によって、10代のお肌にはニキビが出来やすいのです。

 

参照元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141008-00010000-mocosuku-hlth

 

10代だけではありません。
大人の女性でもこのようなホルモンバランスの乱れが原因でニキビはできやすくなります。
自分の体の状態をよく把握して、生理前は特に気をつけることを心がけることが大事ですね。

 

その他ニキビの原因についてはこちらをご覧ください。

生理とニキビの関係関連ページ

妊娠中にできるニキビの治し方
妊娠中にできるニキビの治し方をまとめています。妊娠中はホルモンバランスが乱れて肌荒れしやすく、頬やあご、鼻や口周りにニキビができやすくなります。胎児への影響が出ない範囲で丁寧なニキビケアが必要です。
デート前の即効ケア
大事な用事の前に限ってニキビなどの肌トラブルができやすいものです。ニキビパッチや絆創膏などは炎症や傷の治癒を早めることで即効性のある治し方としておすすめできます。
女性の6割が化粧直しをしない理由はニキビ
女性と化粧は切り離せません。日中の化粧直しも日常茶飯事。しかし女性の6割が化粧直しをしない理由が、ニキビなどのお肌のトラブルなんです。
ニキビ肌をファンデーションで隠しながらニキビを治す方法
ニキビ肌をファンデーションで隠しながらニキビを治す方法をまとめています。急ぎの対応をしながらニキビケアをする秘訣なのでぜひ参考にしてください。
大人気コンシーラーで大人ニキビ対策
サンローランのコンシーラーで大人ニキビをカバー。人と接する機会が増える冬もこれで安心です。
大人ニキビと化粧品の上手な付き合い方
大人ニキビと化粧品の上手な付き合い方を紹介しています。女性なら毎日しているメイクは肌に負担をかけるものです。そんな中でもニキビケアを忘れないことが大事です。
女のニキビの原因と治し方
女性は生理や妊娠の前後で女性ホルモンの量が変化したり、食事やストレスでニキビができやすくなります。ただ大人になってからできる女性のニキビは皮膚科で処方される薬を使い治療を受ければ治すことができます。
ピル
低用量ピルは男性ホルモンが高まるのを抑えることでニキビができるのを防ぎ、女性らしい肌を保ちます。しかし副作用もあるので医師の処方箋が必要です。