夏に悪化するニキビ対策

夏は他の季節と比べ日差しの強い時期です。服装の露出も多くなるため、それだけ日の光に晒されるようになります。日に当たることは健康面においてプラスの効果がありますが、紫外線はでき始めの白ニキビを悪化させて炎症を引き起こすことが知られています。つまり、夏はニキビができる機会が多く、悪化しやすい季節なのです。

 

夏に日焼け止めを塗るとニキビができやすい

夏になると胸や背中、お尻のニキビに悩まされるようになります。これは海やプールなどで水着になって日焼けする機会が増えるからです。ほとんどの女性は、紫外線対策のために日焼け止めを体中に塗りますが、実はこの日焼け止めクリームが問題なのです。

 

日焼け止めクリームの製品の中には、ノンコメドジェニックと呼ばれるニキビのできにくいタイプが市販されていますが、それでも油分が多く含まれているためニキビができやすくなります。

 

夏のニキビ予防のための食事コントロール

夏は気温も上がり暑いため、アイスクリームや炭酸飲料などが欲しくなります。しかしこういった飲み物には砂糖や油が大量に含まれています。こういった飲食に含まれる糖質や脂質を摂取すると、ニキビが増えるとしている研究も発表されており、なるべく避けるべきです。麺類や炭水化物なども糖質に入るので、一日に食べる量を減らすなどの工夫が必要となります。

 

夏は肝臓と膵臓の働きをアップさせる

男性・女性問わず夏場に陥りがちなのが便秘です。特に女性の腸は非常に長いため、便秘になりやすい構造をしているのです。便秘になると食べ物からの栄養吸収も落ちてしまい夏バテになるだけでなく、当然ニキビに良くありません。

 

便秘体質の人がニキビを解消する方法の一つは、肝臓や膵臓の働きを促進させることです。肝臓からは胆汁と呼ばれる脂肪を消化するための消化液が作られています。また膵臓からは血液中の糖分を筋肉に取り込む働きをするインシュリンが分泌されます。このような働きをしている肝臓と膵臓の機能を高めることで消化液が増え、便秘になりにくい体質へと変われるのです。

 

肝臓の働きをスムーズにするためには、マリーゴールドやアーティチョーク、クミンなどのハーブティーがオススメです。膵臓の働きを改善するには半日断食が良いでしょう。半日断食とは約18時間断食する方法のことで、朝起きてから朝食と昼食を抜いて食事を夕食だけにすることで実践できます。この半日断食をすることでインスリンの分泌が良くなることから、糖尿病患者の中にも定期的に行っている人がいます。

夏に悪化するニキビ対策関連ページ

小学生
小学生のニキビの治し方をまとめています。思春期にさしかかる小学生からニキビはできやすくなりますので、正しいニキビケアを身につけましょう。
思春期
思春期にできるニキビはホルモンバランスの以上によるできるケースが多いです。だからやみくもに洗顔をしたり、化粧水をつけたりしても治らない場合があります。小学生、中学生、高校生ぐらいであれば、まずは皮膚科に行って、飲み薬または塗り薬を使用した治療を受けることをお勧めします。
大人
大人ニキビは思春期のニキビと異なり、なかなか頑固です。ストレスやホルモンバランスの乱れが主な原因です。肌をしっかりと保湿し、ビタミンCを摂取することで治すことができます。
10代
10代は男女ともに男性ホルモンであるテストステロンの影響で皮脂の分泌が盛んになるので、ニキビができやすくなります。毎日の洗顔や脂っこい食べ物を避けることで予防・改善することができます。
20代
20代にできるニキビは生活習慣が原因であることがほとんどです。思春期のニキビと違って再発しやすく治りやすいのが特徴です。洗顔や保湿だけでなく、生活習慣を正すことが治し方の大事なポイントです。
30代
30代になると性ホルモンのの変化を受けやすくなり、突然ニキビができる人が多いです。また糖質・脂質を取りすぎたり、化粧が原因となる事もあります。肌が乾燥しやすく、シミもできやすい年代なので、保湿を中心にスキンケアを行うのが適切な治し方です。
冬にニキビができやすいのは、湿度が低く乾燥しやすいことが原因です。冬のニキビケアは保湿対策を行い、雪が多い地域では日焼け止めクリームを塗るのが効果的です。また亜麻仁油やえごま油、シソ油を摂取することで予防することも可能です。