20代のニキビと思春期のニキビは原因や対策が違う!間違えの多いニキビケアの方法

思春期にニキビができる人の割合は非常に高いですが、大半の人は20代になると症状も落ち着き、ニキビができる機会もぐっと減っていきます。しかし中には、ニキビが大人になってもしつこくできてしまう人もいます。

 

20代のニキビは生活習慣の乱れが主な原因

20代のニキビの原因は、思春期特有の男性ホルモンの増加によるものではなく、「生活習慣の乱れによって肌のコンディションが悪化したこと」によるものです。特に男性の20代は働き盛りであるため、夜遅くまで働いたり、暴飲暴食をする機会が増えがちです。生活リズムが不規則になる人もいるでしょう。また男性だけでなく、女性も睡眠不足や過度なダイエットをしていると、20代になってもホルモンバランスが崩れニキビができやすくなります。

 

思春期ニキビと20代のニキビとの違い

思春期と20代のニキビの違いの一つは、そのできるタイミングにあります。思春期ニキビは慢性的にできるのに対し、大人ニキビはできて治った後にまた再発するというケースが多いのです。20代のニキビは、原因となっている生活習慣を正さない限り、繰り返し生じてしまうのです。

 

また思春期ニキビは一度生じても治りが早く、跡も残りにくいのに対し、20代のニキビは消えるまで時間がかかり、なおかつ跡が残りやすいという特徴があります。理由は、大人になると肌の修復に時間がかかるようになり、正常に新陳代謝が行われなくなるからです。

 

ニキビのできる場所で異なる原因

同じニキビでも、体のどこにニキビが生じるかによって原因は異なってきます。

 

たとえば、おでこや肩周りにできるニキビであれば、シャンプーや石けんの洗い残しや髪の毛の刺激で肌に炎症が起きている可能性があると推測できます。鼻のニキビであれば、日光やメイクの化粧品、鼻を汚い手で触るなどの癖が原因と考えられます。口周辺のニキビであれば、ビタミンなどの栄養素を十分に摂取できていない点を疑うことができます。また女性の顎のニキビであれば、排卵日前後に女性ホルモンのエストロゲンが減少し、男性ホルモンが増加する影響が関係してきます。

 

このようにニキビのできた場所で原因を推測できるため、対策を講じるのに役立ちます。

 

20代のニキビを治すための対策

大人になった後のニキビ対策は、洗顔や保湿を行うだけでなく、「規則正しい生活習慣の確立」が重要となります。睡眠不足の場合は、早く寝るなどして十分に睡眠を取る必要があります。食生活に関しては、特に糖分や脂質を抑える食事を摂るよう心がけると良いでしょう。また人間関係によるストレスを解消することも大事で、音楽を聞いたり散歩をしたりして、自分なりのストレス解消法を持つことも大切なポイントです。

20代のニキビの原因と治し方関連ページ

小学生
小学生のニキビの治し方をまとめています。思春期にさしかかる小学生からニキビはできやすくなりますので、正しいニキビケアを身につけましょう。
思春期
思春期にできるニキビはホルモンバランスの以上によるできるケースが多いです。だからやみくもに洗顔をしたり、化粧水をつけたりしても治らない場合があります。小学生、中学生、高校生ぐらいであれば、まずは皮膚科に行って、飲み薬または塗り薬を使用した治療を受けることをお勧めします。
大人
大人ニキビは思春期のニキビと異なり、なかなか頑固です。ストレスやホルモンバランスの乱れが主な原因です。肌をしっかりと保湿し、ビタミンCを摂取することで治すことができます。
10代
10代は男女ともに男性ホルモンであるテストステロンの影響で皮脂の分泌が盛んになるので、ニキビができやすくなります。毎日の洗顔や脂っこい食べ物を避けることで予防・改善することができます。
30代
30代になると性ホルモンのの変化を受けやすくなり、突然ニキビができる人が多いです。また糖質・脂質を取りすぎたり、化粧が原因となる事もあります。肌が乾燥しやすく、シミもできやすい年代なので、保湿を中心にスキンケアを行うのが適切な治し方です。
夏は日焼け止めによってニキビが悪化したり、便秘や食欲不振で夏バテになりニキビができやすくなります。また食の偏りにより便秘気味になるので、肝臓や膵臓の昨日を高めて夏のニキビ対策をすることが大事です。
冬にニキビができやすいのは、湿度が低く乾燥しやすいことが原因です。冬のニキビケアは保湿対策を行い、雪が多い地域では日焼け止めクリームを塗るのが効果的です。また亜麻仁油やえごま油、シソ油を摂取することで予防することも可能です。