ニキビには5つの種類がある

ニキビでお悩みの皆さん。一言にニキビといっても、いくつか種類があるのはご存知ですか?

 

ニキビは進行度により白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビ、紫ニキビの5種類に分類できます。そしてニキビの炎症が悪化するとケロイドに、潰れるとクレーターになってしまいます。ケロイドというのは火傷のような状態をさし、クレーターは火山の火口のように円形にくぼんでしまっている状態をさします。

 

一度ケロイドやクレーターができてしまうと、自然にきれいになることはありません。皮膚科で外科的処置によりある程度改善できる人もいますが、ひどい場合は二度と綺麗な肌が生まれることができなくなってしまいます。

 

一般的にいうニキビは「赤ニキビ」のイメージが定着していると思います。しかしせっかくなので、他の種類のニキビと症状も理解して、自分のニキビの状態に適した治療法を学びましょう。

ニキビの種類一覧

白ニキビはニキビの初期状態で、比較的治しやすいです。主な原因は毛穴に汚れが詰まることで、毎日の正しい洗顔で予防が可能です。

黒ニキビは毛穴に汚れが詰まった皮脂の汚れが表面に出ている状態です。その主な原因は脂質を多く含む食べ物や、洗顔不足です。だから毎日丁寧にスキンケアすれば徐々に毛穴が小さくなり、黒ニキビを治すことができます。

赤ニキビは毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖し、アクネ菌が毛穴周辺を炎症させることが原因です。適切な治し方を実践しないと跡が残ったり悪化したりするので注意が必要です。

黄色ニキビの原因は白血球がアクネ菌を排除する際にできる細胞組織の残骸が膿となって毛穴に貯まることです。膿だけうまく潰せば早く治すことができますが、不安な人は皮膚科で面皰圧出器を使った治療を受けるとよいでしょう。

紫ニキビは血と膿がたまって赤紫色に腫れ上がっている状態です。自然治癒が困難なので、早急に皮膚科での治療が必要です。皮膚科では切開したり、漢方薬を使った治し方もあります。