黄色ニキビの原因と治し方

黄色ニキビは、炎症を起こしたニキビがさらに悪化し、膿が出ている状態です。初期の白ニキビや黒ニキビ、そして赤ニキビと比べて重症と言えます。

 

黄色ニキビ

 

よく爪でうまいことつぶしてしまう人もいますが、下手に黄色ニキビをつぶすとニキビ痕が残ってしまうこともあります。ですから黄色ニキビの場合は一層丁寧なニキビケアが必要です。

 

黄色ニキビの原因

ニキビができると体内の白血球がアクネ菌を排除しようとします。しかし炎症が悪化すると白血球の活動も高まり、その際の細胞組織の残骸が膿になります。赤ニキビから炎症が悪化して膿があふれ出てている状態が、黄色ニキビというわけです。

 

黄色ニキビの治し方

膿がある程度あふれ出ていると、爪などで潰したくなりますよね。うまいこと膿だけを取り除ければ結果的に早く治すことができます。しかし細胞を傷つけてしまい、クレーターやニキビ痕ができてしまう可能性もあります。もし潰す場合はニキビを綺麗に潰す方法を参考にしてください。

 

自分で膿を出すのが怖い人は皮膚科で治療を受けるのが良いでしょう。皮膚科では専用の器具(面皰圧出器など)で膿だけを取り出す治療を受けることができます。また膿を抑える外用薬なども処方されますので、黄色ニキビの悪化も防げます。

 

面皰圧出器

※面皰圧出器

 

黄色ニキビができた人は、再発防止のための努力を惜しまないようにしましょう。それは初期のニキビの段階から悪化させないことです。日頃のニキビケアこそが黄色ニキビをつくらないことの第一歩となります。

 

黄色ニキビの原因と治し方関連ページ

白ニキビの原因と治し方
白ニキビはニキビの初期状態で、比較的治しやすいです。主な原因は毛穴に汚れが詰まることで、毎日の正しい洗顔で予防が可能です。
黒ニキビの原因と治し方
黒ニキビは毛穴に汚れが詰まった皮脂の汚れが表面に出ている状態です。その主な原因は脂質を多く含む食べ物や、洗顔不足です。だから毎日丁寧にスキンケアすれば徐々に毛穴が小さくなり、黒ニキビを治すことができます。
赤ニキビの原因と治し方
赤ニキビは毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖し、アクネ菌が毛穴周辺を炎症させることが原因です。適切な治し方を実践しないと跡が残ったり悪化したりするので注意が必要です。
紫ニキビの原因と治し方
紫ニキビは血と膿がたまって赤紫色に腫れ上がっている状態です。自然治癒が困難なので、早急に皮膚科での治療が必要です。皮膚科では切開したり、漢方薬を使った治し方もあります。