生活習慣を見直してニキビを改善・予防しよう

「病は気から」と言いますが、ニキビも皮膚病の一種で実際にストレスなどが原因で発症することは多々あります。一方で、日常の生活習慣が体に悪影響を与えてニキビの原因となる事も頻繁にあります。

 

例えば、夜更かしをする人は肌が荒れている傾向があります。これは人間の体が睡眠中に再生活動を行っているからです。特に夜10時から深夜2時にかけて成長ホルモンが活発に分泌されているので、10代の人は成長が阻害されるだけでなく、肌が荒れてニキビができやすくなってしまうわけです。

 

本カテゴリーではそういう生活習慣を見直してニキビを改善・予防していくための基本的な知識をまとめていきます。適度な運動や快適な睡眠を継続することで自然と綺麗な肌が生まれ体質になります。また芸能人のような特殊な人でなく一般家庭でも、自宅でできることはたくさんあります。

 

もしあなたが頑張ってスキンケアをしても一向にニキビが治らないならば、生活習慣を見直すことでニキビを治すことができるかもしれません。毎日の積み重ねがニキビケアの基本です。

ニキビ改善のための生活習慣記事一覧

ニキビを治すうえで大事なのは、睡眠の質を向上させることです。夜10時から深夜2時の間に成長ホルモンが活発に分泌されるので、この時間帯に寝られるようにすることが大事です。

遺伝的体質によってニキビが出いやすい人と出来にくい人がいます。しかし、腸、食事、ストレス、漢方の順で体質を改善していくことで、ニキビができにくい身体にすることが可能です。

適度な運動は健康に良いですが、激しい運動をするとニキビの原因である男性ホルモン(テストステロン)が増えてしまいます。また活性酸素により皮膚の劣化も進みます。軽い有酸素運動を行った後にシャワーで汗をしっかり落とすくらいが良いでしょう。

高価な化粧品や治療薬を使わなくても自宅によくある物でニキビとニキビ跡を治すことができます。ティーツリー・オイル、緑茶、マヌカハニー、リンゴ酢、アロエの果肉、レモンなど大抵の家庭でできる治療法です。

ニキビ予防で大事なことは、ニキビができにくい生活習慣をつくることです。糖質・脂質を減らして水分を補給したり、肌に触れる携帯電話などは清潔にしましょう。また日焼け止めをつけて、短時間の運動により肌へのダメージを減らすことができます。