ニキビ対策にサプリメントを上手く使いこなそう

ビタミンが不足してしまうと肌荒れしたり口内炎ができることは、よく知られています。ではニキビもビタミン不足が原因で発生してしまうのでしょうか。ビタミンとニキビとは直接的な関係こそありませんが、ビタミンを十分に取ることでニキビの治りが早くなるとされています。ニキビに効果がある商品としては塗り薬が代表的ですが、最近ではニキビ用のサプリメントも次々と販売されています。

 

ニキビに効くサプリメントの種類とは

ニキビに効果的と言われているのは、主にビタミン剤です。特にビタミンB2やビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEがメインとなっています。

 

それぞれ個別に見ていくと、まずビタミンB2は脂質の代謝に関わっているため、摂り過ぎた脂質を適度に分解・排出するのを助ける役割を果たしてくれることがわかります。よってオイリー肌で皮脂が過剰に分泌される体質の人は、ビタミンB2が有効ということになります。口内炎にも効果があるので、口の中が荒れやすい方もビタミンB2が適しています。

 

次にビタミンB6ですが、これには肌の新陳代謝を促進する働きがあります。ニキビで炎症を起こした肌を再生させるには、欠かせない成分と言って良いでしょう。ビタミンB6には免疫機能をアップさせる働きもあるため、十分に摂れば風邪もひきにくくなります。

 

最後にビタミンCとビタミンEですが、これらのビタミンはどちらも抗酸化作用を持つ成分となります。体内で発生した活性酸素はDNAを傷つけてしまいますが、この活性酸素を除去してくれるのが抗酸化物質です。ビタミンCやビタミンEは多く摂るに越したことはありませんが、ビタミンCは水溶性、ビタミンEは脂溶性であるため、摂取方法には注意する必要があります。ビタミンCを摂る場合は水分と一緒に、ビタミンEを摂る場合はオイルを使った料理と一緒に摂るなどの工夫をすることがポイントです。

 

サプリメントは栄養補助剤として摂取するのがベスト

サプリメントから栄養が摂取できるといった理由から、食事を疎かにしてサプリメントに頼ってしまう人もいますが、これは非常に危険です。サプリメントなどの錠剤は、様々な食物からビタミンだけを抽出・分離して作られているため、天然には存在しない物質に変化してしまっています。短期的にはサプリメントに頼っても体の問題は起きにくいと言えますが、長期的に見ると健康には良くないでしょう。なるべく栄養素は食事から摂るようにして、足りない分をサプリメントで補うようにすることをお勧めします。

 

サプリメントの効果が肌に現れるまでの期間の目安

ニキビができてから慌ててサプリメントを飲んでも、すぐに効果を期待することはできません。ニキビが完治するには、肌のターンオーバーが行われなければならないからです。肌のターンオーバーには、約4週間かかると言われています。年齢や体調にもよりますが、約1ヶ月を目安にサプリメントを飲み続け、様子を見てみると良いでしょう。

ニキビ対策にサプリメントを上手く使いこなそう関連ページ

漢方薬
古来から伝わる漢方薬。体の内側からニキビを治す力を高めるため、肌が弱い人でも安心して使用することができます。
オロナイン
オロナインを使ったニキビの治し方について解説しています。オロナインにはニキビを治す効果があると言われていますが、実際はどうなのか。大塚製薬のHPと実体験を交えて解説します。
目薬を使ったニキビの治し方
目薬を使ったニキビの治し方を解説しています。人のもっとも敏感な部分である目に使用する目薬は、ニキビにも効果があると言われています。
牛乳石鹸とニキビの関係を徹底調査
牛乳石鹸とニキビの関係を徹底調査しました。実際に効果があるのか、評判や評価が気になる人はぜひ参考にしてください。
大人ニキビに効く塗り薬
大人ニキビに効く塗り薬についてまとめています。市販だけでなく皮膚科で処方される塗り薬もまとめています。
肌荒れ・ニキビ・口内炎にチョコラBB
永作博美さんが出演するチョコラBBの新CMが公開されました。ニキビだけでなく、肌荒れや口内炎にも効くので、働く女性に人気の医薬品です。
ニキビだけでなく、たるみ、シミ、毛穴にも効く万能成分ビタミンC
ビタミンCはニキビだけでなく、たるみ、シミ、毛穴にも効果抜群の成分です。日頃から意識して摂取することが美肌への近道ですね。