ニキビに効くステロイドは薬にも毒にもなる

副作用が怖いというイメージのあるステロイドですが、ニキビへの効果は抜群です。特に赤ニキビと呼ばれる炎症が起きているニキビに対し、ステロイド剤は抗炎症作用を発揮します。炎症による腫れにステロイドを塗るとすぐに引いていいくので即効性のあるニキビの治し方であるといえます。その劇的な効果に魅せられてステロイドを多用する人もいます。

 

ニキビにステロイドが効く理由

ニキビはアクネ菌が悪化の原因となっているため、ステロイドと併用して抗生物質を処方する医者も多くいます。こうすることで、ステロイドと抗生物質の相乗効果を期待できるからです。

 

もともと体内で作られているステロイドホルモン

そもそもステロイドの正体は何かと言いますと、副腎という臓器で日々作られているホルモンになります。このホルモンは副腎皮質ホルモンと呼ばれ、炎症を抑えたり、過剰な免疫を抑える働きを担っています。

 

体内で作られるのであれば、わざわざ外部からステロイドを取り入れなくても良いと考えるかもしれませんが、様々な要因によって不足してしまうことがあります。このような不足時に、外部からステロイドを取り入れることにより、体の健康を取り戻すことができる点がステロイドの長所なのです。

 

ステロイドの使い過ぎによる重篤な副作用

ステロイドは万能薬のようにもてはやされることもありますが、この考え方は危険です。体の外からステロイドを取り入れすぎると、もともとは体内で合成されるはずの副腎皮質ホルモンが作られなくなってしまうからです。副腎皮質ホルモンは体に欠かせないホルモンであるため、不足してしまうと色々な不調が生じるようになります。皮膚の感染症にかかりやすくなったり、体毛が濃くなったり、視力が落ちたりと予測のできない副作用が次々と生じるようになるため、長期間ステロイドを服用することは禁物です。

 

ステロイドの安全な使用方法

ニキビの痛みを強く感じたり、腫れが大きくなってきた時にだけ、ステロイド剤を使用すると良いでしょう。使用する分量についても、できるだけ少量にしておくのが大事なポイントです。少しでも症状が悪化したり、別の場所で違和感を覚えたら、すぐに使用を中止すべきです。基本的には、医師の指示や薬剤師の助言に従って服用していれば問題ありませんが、体調が悪くなったり、皮膚が赤く変化してきた場合には、自分の判断で服用を辞めるべきでしょう。副作用が見られてもすぐに服用をやめれば、症状は次第に引いていきます。

 

ニキビに効くステロイドは薬にも毒にもなる関連ページ

漢方薬
古来から伝わる漢方薬。体の内側からニキビを治す力を高めるため、肌が弱い人でも安心して使用することができます。
オロナイン
オロナインを使ったニキビの治し方について解説しています。オロナインにはニキビを治す効果があると言われていますが、実際はどうなのか。大塚製薬のHPと実体験を交えて解説します。
目薬を使ったニキビの治し方
目薬を使ったニキビの治し方を解説しています。人のもっとも敏感な部分である目に使用する目薬は、ニキビにも効果があると言われています。
牛乳石鹸とニキビの関係を徹底調査
牛乳石鹸とニキビの関係を徹底調査しました。実際に効果があるのか、評判や評価が気になる人はぜひ参考にしてください。
大人ニキビに効く塗り薬
大人ニキビに効く塗り薬についてまとめています。市販だけでなく皮膚科で処方される塗り薬もまとめています。
肌荒れ・ニキビ・口内炎にチョコラBB
永作博美さんが出演するチョコラBBの新CMが公開されました。ニキビだけでなく、肌荒れや口内炎にも効くので、働く女性に人気の医薬品です。
ニキビだけでなく、たるみ、シミ、毛穴にも効く万能成分ビタミンC
ビタミンCはニキビだけでなく、たるみ、シミ、毛穴にも効果抜群の成分です。日頃から意識して摂取することが美肌への近道ですね。
サプリメント
ビタミン剤サプリメントを服用することでニキビができにくい肌になるだけでなく、綺麗な美肌に近づくことができます。ただし主食からの栄養を補う程度のサプリメントを心がけることが大事です。
クリーム
ニキビの種類ごとに必要な成分が配合されたクリームを使用することでニキビを治すことが可能です。市販製品もありますが、病院で処方される殺菌作用と抗炎症作用があるクリームがおすすめです。
ニベア
ニキビケアで有名なニベアの紹介と便利な使い方を紹介します。ニベアクリームは化粧水や乳液の代わりとして使えるほか、フットクリームやボディクリームとしても使用できます。