チョコレートを食べるとニキビができるのは伝説?その真相とは

チョコレートを食べると翌日にニキビができた、という話はよく耳にします。その一方でチョコレートは体に良いし、いくら食べても問題ないと主張する人もいます。どちらの意見も正しいような感じがするため、判断に困ってしまうのではないでしょうか。

 

「砂糖」「バターオイル」「植物油脂」「全粉乳」などの成分が怪しい

チョコレートが体にどのような効果をもたらすかを知るには、まずチョコレートに含まれている成分を把握することから始めると良いでしょう。チョコレートの商品にもよりますが、どの商品の成分表示を見てもだいたい「砂糖」「カカオマス」「植物油脂」「全粉乳」「バターオイル」「乳化剤」「香料」といった物質が含まれています。

 

この中でも皮脂の分泌と関わっているとされているのが「砂糖」「植物油脂」「全粉乳」といった糖質と脂質です。糖質や脂質は皮脂の分泌を盛んにし、毛穴にニキビができやすくしてしまうのです。

 

 

チョコレートを食べて4週間が経過した人の驚きの実験報告

チョコレートの成分だけ見ると、明らかにニキビを悪化させるものばかりなので食べないほうが良い、という結論に至るのは当然と言えるでしょう。

 

しかし、この「チョコレートはニキビに悪い」という理論を覆す実験結果がテレビで放映されていたのです。5人の女性が毎日チョコレートを食べてから、4週間後に肌の変化をチェックするという実験でした。この実験によるとチョコレートを摂取しても、半数以上の被験者はニキビができるどころか、シミまで減っているという驚くべき結果が得られました。この実験結果を踏まえて考えると、「チョコレートが肌に良くない」という考えは迷信であると考えられます。

 

 

肌に良いチョコレートと、吹き出物ができるチョコレートの2種類がある

テレビで放映された実験の内容をよく見ると、なぜチョコレートが肌に良いのかという理由が見えてきます。一つは「カカオが70%以上」入っているチョコレートのみを使用していたという点です。カカオマスにはポリフェノールが含まれているため、抗酸化作用を発揮し、皮脂の分泌が抑えられた可能性があると考えられます。

 

以上から、チョコレートでニキビができるかどうかは「カカオの量」にかかっていると予想されます。カカオの分量が多い商品ほど糖質の割合が少ない傾向にあり、こういった点も影響しているかもしれません。つまり、チョコレートを買う時はカカオが70%以上の商品を選ぶようにするとニキビができにくい肌になると考えられるのではないでしょうか。

 

チョコレートを食べるとニキビができるのは伝説?その真相とは関連ページ

食事・水をとる量とタイミング
食事と水の摂取量・タイミングを最適化することでニキビを効率よく治すことができます。水は食事前後取らないようにし、こまめに少量飲むことが大事です。食事は栄養バランスを整えつつ、野菜とフルーツを多めのとることが大事です。
ニキビに効く食べ物
ニキビの治し方は一つだけではありません。ニキビが改善する良い食べ物があります。逆に、悪い食べ物も、飲み物もあります。大人ニキビの治し方の基本は、体の内側からも改善していくことです。
ピーナッツでニキビが悪化
ピーナッツは栄養が豊富な一方で、食べ過ぎるとニキビができると言われています。その真相を解明します。
甘酒を飲んでニキビを予防
甘酒には美白工があることが研究でわかりました。個人差はありますが、甘酒を定期的に飲むことでニキビ予防に効果があるようです。
牛乳
ヨーグルト、チーズなど牛乳が含まれる食べ物を食べるとニキビが増えやすくなります。牛乳にはインシュリン様成長因子(IGF-1)というホルモンが皮脂の分泌を盛んにしてニキビの原因となります。
ニキビが気になる人にお勧め「お手軽時短メニュー」
ニキビが気になる人にお勧めの「お手軽時短メニュー」をご紹介。栄養豊富な食材でお肌も健康に!
ニンニク
ニンニクに含まれる殺菌作用や抗炎症作用がニキビケアに効果があるとされています。スライスしたニンニクをニキビの上にのせて一晩おくと小さくなるようです。しかし直接皮膚に塗ると炎症を起こす可能性もあるので注意が必要です。
豆乳
豆乳はとても健康的な食べ物で美肌効果を期待できます。しかしニキビが治るかどうかは人次第です。また男性の場合は豆乳を大量に食べると女性化したり、静止画減少する可能性もあります。
野菜
野菜はビタミンを含んでおりニキビなどの皮膚の病気に効果的です。特にオレンジ色の野菜やフルーツはビタミンAやベータカロチンが豊富なので、ニキビ予防・改善をしたい人におすすめです。またスーパーフードは体全体に健康的です。
飲み物
ニキビには抗酸化物質が含まれる緑茶が効果的です。また水やフルーツジュースも効果があるとされていますが、カフェイン飲料やお酒はニキビを悪化させる可能性があります。
ヨーグルト
ヨーグルトは乳酸菌の働きによって、肌の調子を整え、免疫を高めることができるのでニキビに効果を期待できます。また顔に塗りパックにする方法もあります。しかしヨーグルトは万能ではなく、ニキビの原因となる可能性もあるので注意が必要です。