ニキビの改善は水分・食事の間隔・回数がキーポイント

人間の身体の中で、栄養分や老廃物を運ぶ役割を担っているのが血液です。血液の赤血球・白血球などの固形成分を含む部分を血漿と呼びますが、この血漿の約9割が水分となっています。

 

また脳の約8割も水分とされており、身体にとって水が欠かせない成分であることがよくわかります。肌も例外ではなく、肌の水分量が半分以上となっている状態が理想的であると言われています。したがってニキビを改善したいのであれば、水分摂取は欠かせないと言えるでしょう。

 

水を飲むタイミングと回数が重要

大切なのは、水の摂取タイミングです。特に気をつけて欲しいのは食事前後の水分摂取です。食事前や食事後に水を飲んでしまうと胃の消化液が薄まってしまい、せっかく食べた食べ物が十分消化されないまま腸に移動してしまう可能性が出てきてしまいます。よって、食事の前後1時間は水を飲まない習慣を身につけることが重要になります。

 

また一回で水を飲む量にも注意した方が良いでしょう。一説によると、一回で体が吸収できる水分の量はコップ一杯分程度と言われています。一回でガバっと1リットルぐらい水を飲んでも、全てを吸収することは難しいかもしれません。水分摂取は小分けにし、こまめに飲んだ方が効率的と言えるでしょう。

 

ベストな食事の間隔や食べ物摂取量

食事の間隔や食べ物の摂取量も、ニキビと間接的に関わっています。ニキビを治すには、十分な栄養と腸内にある毒素の排出がポイントになるからです。

 

まず食事の間隔ですが、食事を終えてから次の食事を摂るまでに最低でも5,6時間は間隔を空けた方が良いです。食事の内容にもよりますが、それくらいの時間が経過しないと消化を終えることができないからです。

 

また食事間隔をできるだけ空けた方が良い理由には、胃や膵臓、小腸・十二指腸といった臓器を休ませたいという理由があります。また夕食は早めに食べ、夜食は控えることも重要です。寝ている間に食べ物が胃や十二指腸に残っていると、睡眠が浅くなってしまいます。良質な睡眠はニキビを治すのに欠かせないため、夜遅く食べるのは厳禁とも言えます。

 

食事の摂取量は体重や骨格、筋肉量によって異なります。目安としては、炭水化物・タンパク質・脂肪が1:1:1の割合になるようにし、タンパク質は1日で体重1kg当たり1gを目標に摂ることをオススメします。運動をする人の場合はもっとタンパク質を摂取することが推奨されています。

 

血液の酸性、アルカリ性とニキビの関係

ニキビの原因の一つとされているのが、血液の酸性化です。ストレスを感じると血液は酸性に傾き、ニキビができると言われています。したがってアルカリ性食品を摂取するように努めて、血液が酸性にならないように注意すると良いでしょう。

 

血液が酸性になる食品は肉・魚類で、アルカリ性になる食品は野菜・フルーツです。食事内容を決める時には肉を少なめにして野菜・フルーツを多めに摂取することで、血液が酸性になるのを防ぐことができます。

ニキビを治すうえで心がけたい食事・水をとる量とタイミング関連ページ

ニキビに効く食べ物
ニキビの治し方は一つだけではありません。ニキビが改善する良い食べ物があります。逆に、悪い食べ物も、飲み物もあります。大人ニキビの治し方の基本は、体の内側からも改善していくことです。
ピーナッツでニキビが悪化
ピーナッツは栄養が豊富な一方で、食べ過ぎるとニキビができると言われています。その真相を解明します。
甘酒を飲んでニキビを予防
甘酒には美白工があることが研究でわかりました。個人差はありますが、甘酒を定期的に飲むことでニキビ予防に効果があるようです。
牛乳
ヨーグルト、チーズなど牛乳が含まれる食べ物を食べるとニキビが増えやすくなります。牛乳にはインシュリン様成長因子(IGF-1)というホルモンが皮脂の分泌を盛んにしてニキビの原因となります。
ニキビが気になる人にお勧め「お手軽時短メニュー」
ニキビが気になる人にお勧めの「お手軽時短メニュー」をご紹介。栄養豊富な食材でお肌も健康に!
チョコレート
チョコレートに含まれる砂糖や全粉乳、植物油脂は皮脂の分泌を盛んにするので、毛穴にニキビができやすくなる可能性があります。一方で、実験によると肌がきれいになったという結果もあります。
ニンニク
ニンニクに含まれる殺菌作用や抗炎症作用がニキビケアに効果があるとされています。スライスしたニンニクをニキビの上にのせて一晩おくと小さくなるようです。しかし直接皮膚に塗ると炎症を起こす可能性もあるので注意が必要です。
豆乳
豆乳はとても健康的な食べ物で美肌効果を期待できます。しかしニキビが治るかどうかは人次第です。また男性の場合は豆乳を大量に食べると女性化したり、静止画減少する可能性もあります。
野菜
野菜はビタミンを含んでおりニキビなどの皮膚の病気に効果的です。特にオレンジ色の野菜やフルーツはビタミンAやベータカロチンが豊富なので、ニキビ予防・改善をしたい人におすすめです。またスーパーフードは体全体に健康的です。
飲み物
ニキビには抗酸化物質が含まれる緑茶が効果的です。また水やフルーツジュースも効果があるとされていますが、カフェイン飲料やお酒はニキビを悪化させる可能性があります。