化粧をするとニキビが悪化する?ニキビの上から化粧をするときに注意するべき点

ニキビが顔にできてしまった時に不安になるのが、化粧をしても良いのかという点でしょう。すっぴんで外を歩くのは嫌だという女性も多いはずです。化粧と言っても種類は非常に多いため一概に良い悪いは言えませんが、結論としては化粧を辞める必要はありません。確かに刺激性のある成分を含んだ化粧品を使えば、ニキビの炎症が悪化する恐れはあります。しかし注意して化粧を行えば、逆にニキビを抑えることもできるのです。

 

たとえば「ノンコメドジェニック」というタイプの化粧品があります。これはニキビの原因となるアクネ菌が増殖しないように油の配合を調整した、特別な化粧品のことを指します。人を対象にした臨床試験をクリアしている製品なので、安心して使うことができます。

 

化粧品の成分で肌荒れを起こしやすい敏感肌の方は、皮膚科クリニックでパッチテストを受けるのが一番です。これは様々な成分がついたパッチを肌に貼り付け、一定時間を置いてから反応を見る試験です。クリニックに行く余裕や時間がない人は、これから使う化粧品を二の腕の内側に塗って1~2日間待って赤みや痒みといった反応が出るかを確認することをオススメします。ある成分に対してアレルギーを持っている人も、このパッチテストを行えばあらかじめ肌に合わない成分を知ることができます。

 

また、最近のコスメには紫外線をカットする成分が含まれていることが多いため、すっぴんよりもメイクをした方が肌を保護することができるようになっています。紫外線は肌の角質を硬く厚くしてしまい、ニキビができやすくなるため、避けるに越したことはありません。

 

肌に負担をかけない方法でニキビをメイクで隠す

顔に赤みがかったニキビができてしまうと気になってしまい、外出が億劫になってくるものです。人目が気になっているのに無理して外出しても、気分が塞ぎこんでしまうことがよくあります。ニキビが目立つとついつい意識してしまい、次第にストレスがたまっていきます。しかし上手くメイクを行えば、ニキビを隠すこともできるのです。ニキビを隠すにはいくつかのコツがありますので、順次ご紹介していきます。

 

まずメイクをする前に大事なのは、肌の保湿です。保湿ケアをしっかり行えば、肌のシワやたるみを消すことができるようになります。またニキビ用クリームを下地に使う人もいます。クリームを下地に使う時は、薄付きを選ぶようにしましょう。脂性の肌質の人はベビーパウダーで皮脂の分泌を抑えることができますが、タルクの入っているベビーパウダーが問題になったこともあり、商品を選ぶ際には、製造元に注意を払う必要があります。

 

2種類のおすすめニキビケアセット

洗顔から保湿までの総合的なニキビケアを行う人におすすめなのは、富士フィルムの『ルナメアACお手入れキット』とビーグレンの『大人ニキビ撃退コスメ4点セット』です。詳細は一週間でできるニキビの治し方で紹介しているニキビケア用品をご覧ください。

 

ファンデーションを塗る際は、天然素材を原料としたミネラルファンデーションを使うようにすると肌の負担が少なくなります。クレンジングの必要がないタイプのミネラルファンデーションなら、添加物が少なくメイク落としも楽になります。ファンデーションを肌に塗る時は、スポンジよりもブラシを使用するようにします。ブラシを立てずに寝かせ、軽くタッチするように顔へ塗り広げていきます。

 

ニキビ隠しにコンシーラーを多用する人も多くいますが、コンシーラーは油分が多いため、ニキビの悪化する原因になりえます。よって、あまり推奨できません。どうしても使いたい場合は、ビタミンC誘導体が配合されているコンシーラーをオススメします。コンシーラーはできるだけ暗い色を用いるようにして、ニキビの周辺部まで伸ばすようにすると良いでしょう。

 

メイク時のカラー選びはとても重要

メイクの色使いのコツは、補色を活用することです。補色はある色を打ち消す反対の色のことを指し、ニキビに見られる赤の補色は緑になります。よって、コントロールカラーは緑を選び、赤くなったニキビの上に薄く伸ばせば、ニキビを目立たなくすることができるのです。頬にできてしまったニキビも、チークを少し厚めに塗ることで隠すことができます。

 

メイク時のもう一つのポイントは、顔の中央にある目元、鼻、唇に意識を向けさせるようにポイントメイクすることです。厚塗りは皮膚の通気性が悪くなったり、メイクで顔が汗や皮脂で汚くなるため避けた方が良いですが、ワンポイントで顔の中心部のパーツを目立たせることは、ニキビ隠しに効果的です。

 

化粧をするとニキビが悪化する?ニキビの上から化粧をするときに注意するべき点関連ページ

漢方薬
古来から伝わる漢方薬。体の内側からニキビを治す力を高めるため、肌が弱い人でも安心して使用することができます。
オロナイン
オロナインを使ったニキビの治し方について解説しています。オロナインにはニキビを治す効果があると言われていますが、実際はどうなのか。大塚製薬のHPと実体験を交えて解説します。
目薬を使ったニキビの治し方
目薬を使ったニキビの治し方を解説しています。人のもっとも敏感な部分である目に使用する目薬は、ニキビにも効果があると言われています。
牛乳石鹸とニキビの関係を徹底調査
牛乳石鹸とニキビの関係を徹底調査しました。実際に効果があるのか、評判や評価が気になる人はぜひ参考にしてください。
大人ニキビに効く塗り薬
大人ニキビに効く塗り薬についてまとめています。市販だけでなく皮膚科で処方される塗り薬もまとめています。
肌荒れ・ニキビ・口内炎にチョコラBB
永作博美さんが出演するチョコラBBの新CMが公開されました。ニキビだけでなく、肌荒れや口内炎にも効くので、働く女性に人気の医薬品です。
ニキビだけでなく、たるみ、シミ、毛穴にも効く万能成分ビタミンC
ビタミンCはニキビだけでなく、たるみ、シミ、毛穴にも効果抜群の成分です。日頃から意識して摂取することが美肌への近道ですね。
サプリメント
ビタミン剤サプリメントを服用することでニキビができにくい肌になるだけでなく、綺麗な美肌に近づくことができます。ただし主食からの栄養を補う程度のサプリメントを心がけることが大事です。
クリーム
ニキビの種類ごとに必要な成分が配合されたクリームを使用することでニキビを治すことが可能です。市販製品もありますが、病院で処方される殺菌作用と抗炎症作用があるクリームがおすすめです。
ステロイド
炎症が起きているニキビにステロイドを塗るとすぐに治まるので即効性があります。ステロイドはもともと体内で作られるホルモンの一種ですが、不足している時に補う必要があります。しかし使いすぎや使用方法を誤ると危険なので医師の指示に従い慎重に使うことが大事です。
ニベア
ニキビケアで有名なニベアの紹介と便利な使い方を紹介します。ニベアクリームは化粧水や乳液の代わりとして使えるほか、フットクリームやボディクリームとしても使用できます。
マキロン
切り傷などに塗るマキロンがニキビに効果あるのか検証します。できたての黄ニキビには有効な可能性はあります。しかし消毒薬が強いので乾燥肌や敏感肌は避けた方がいいでしょう。